宇治放ち鵜飼

宇治川の鵜飼について about

歷史

宇治川の鵜飼は、平安時代にはすでに行われていたと言われています。 天禄2年(971)奈良の長谷寺に参詣した藤原の道綱の母は、その往復に宇治を過ぎて、川岸から鵜飼を見物しています。 彼女が残した「蜻蛉日記では」、川幅いっぱいに数え切れぬほどの鵜舟が出て、それぞれにかがり火を焚き舟べりをたたいて、夜通し鮎を捕りつづけている様子が、興味深く書き留められています。

当時は、宇治川の風物詩、氷魚を捕る網代とともに、盛んに行われていたようです。
平安時代の後期になると仏教の教えの影響をうけて次第に宇治川での殺生が戒められるようになりました。 西大寺の僧 叡尊は、宇治川における殺生の全面的禁断を命じる太政官符により、浮島のあたりに漁具・漁舟を埋め、日本最大の十三重石塔を建立し魚霊を供養し、宇治橋の再興を行いました。そして平安貴族の衰微とともに、宇治川の鵜飼も衰退していきました。

現在の鵜飼は、大正15年に再興し、宇治の夏の風物詩となっています。

鵜飼の鵜は、渡り鳥でウミウという種類になります。鵜匠は、捕獲された野生のウミウを鵜飼が出来るように訓練します。
鋭いくちばしと爪を持つ鵜を、鵜匠が愛情を込めて育て、鵜飼の時には、追い綱(鵜をつなぐ紐)を通じて鵜と繋がります。

鵜 匠

鵜を操る人を鵜匠と呼びます。宇治には3名の鵜匠が在籍しており、内2人の女性の鵜匠が活躍しています。風折烏帽子に腰みの姿の伝統的な装束で鵜飼を行います。

夏の鵜飼シーズンは、もちろんのこと、シーズン以外の時も鵜の世話をしています。宇治川では、鵜匠は6羽の鵜を操り鵜飼を行います。

鵜匠の紹介

鵜匠 澤木万理子

◆鵜匠 沢木万理子

動物と係わる仕事にあこがれ、平成 14 年より宇治川で鵜匠見習いとなる。全国で 3 人目の女性鵜匠として活躍。平成 16 年より宇治市観光協会に所属。 女性ならではのしなやかな綱さばきと華麗な技で宇治川の鵜飼を訪れる人々を魅了している。
平成 20 年「京都府あけぼの賞」を受賞。平成 26 年全国初のウミウの人工育雛を手がけ、現在 11 羽のウミウが宇治で育っている。

鵜匠 江﨑洋子

◆鵜匠 江﨑洋子

京都で活躍する写真家、井上隆雄氏のアシスタントを務めるている時、井上氏より宇治川で鵜飼をする女性鵜匠の活躍を聞き、
平成 18 年より宇治川で鵜匠見習いとなる。宇治川の鵜飼で 2 人目の女性鵜匠として活躍する傍ら、平成 19 年からは、宇治市にある京都文教大学の職員として、地域連携や観光まちづくりの分野で大学と地域の橋渡しとしての仕事をしている。

鵜匠 松坂善勝

◆鵜匠 松坂善勝

昭和 13 年京都府宇治市に生まれる。船頭をしていた父の影響で、幼い頃より宇治川の渡し船や遊覧船、鵜飼に関わりを持つ。
働きながら夏場は船頭や鵜匠を務め、平成 14 年からは長年の経験を活かし、女性鵜匠の指導を行う。
平成 18 年「京都府伝統技術催事功労者表彰」を受賞。現在宇治川の鵜飼で一番の経験を持ち、鵜匠の乗る鵜舟の船頭として、宇治川の鵜飼を支えている。

ツアーの詳細・ご予約はこちら

お問い合わせ